王妃の白珠 嘘

王妃の白珠の嘘を暴露 使った人の口コミでわかった真実

王妃の白珠の嘘とは

 

 

王妃の白珠とスマホで検索すると【嘘】というのが出てきます。嘘ってどういうこと?って気になったので詳しく調べてみたことを書いています。

 

王妃の白珠を使うと1回で顔が白くなる、というのですがこれが嘘っていう悪評の口コミを見つけました。

 

 

 

1回で白くなるけど次の日にはもとに戻ってました。


 

 

白くなったけど膜みたいなものでコーティングされた感じ。気になったのでダブル洗顔を洗い流しちゃいました。


 

 

パック後は本当に白くなってたけどクレイが落ちてないのかな?


 

悪評を見て、白くなるっていうのが根本から美白されるのではなくコーティングされるってどういうこと?と思って調べてみて分かった真実が・・・・・

 

 

どうやら1回で白くなる原因は王妃の白珠に配合されている酸化チタンの色です。

 

酸化チタンの危険性と副作用

 

酸化チタンは多くの化粧品、特にファンデーションや日焼け止めに配合されてます。

 

酸化チタンが入ってる日焼け止めクリームを塗ると肌が白くなりますよね。あれと一緒のことが王妃の白珠を使うと起こります。

 

 

酸化チタンって危険や副作用はないの?

 

酸化チタンの副作用が気になったので調べてみると実はマヨネーズやチーズ、ホワイトチョコレートにも入ってる食品添加物です。

 

もともと白いするのに使われています。

 

知らず知らずのうちに口に入れてたんですね。

 

食品添加物って聞くとそれだけで何となく安全そうっておもっちゃいます。

 

でも王妃の白珠や日焼け止めのように肌に残ったままで大丈夫なんでしょうかね?
それも調べてみると有害なガスやアレルギーの原因になるアセトアルデヒトを分解してくれる働きを持ってます。肌にダメージを与える紫外線を遮断する作用も備わってるそう。

 

だから日焼け止めやファンデに配合されてるんですね。

 

 

酸化チタンは酸化すると活性酸素を出すってほんと?

 

 

酸化チタンは日光を浴びると酸化して活性酸素を吐き出します。

 

活性酸素って体や肌を老化させるから悪いものじゃないの?ってビビりました。

 

でも日焼け止めやファンデ、リップなどの化粧品に入ってるものは酸化しないように他の成分でコーティングされてるので活性酸素を出しません。
日本製のものでコーテイングせずに配合してるメーカーはない、と言ってもいいでしょう。

 

酸化チタンをコーテイングする成分というのはシリカ、水酸化アルミニウム、アルミナ、フッ素、アミノ酸、合成ポリマーなどです。

 

これらの成分が一緒に入ってるとちゃんとコーティングされてるなとわかります。

 

⇒王妃の白珠は楽天で売ってる?さっそく確認してみる

 

王妃の白珠は沖縄のクレイ【くちゃ】で頑固な汚れを吸着し落としたキレイな肌に酸化チタンが膜をはることで白さだけでなく保湿、外敵から肌を守る輝肌パッククリームです。

 

だから無理に肌に残った白い色を落としたらもったいない。お休みの日は王妃のはくじゅだけでファンデなしでもちょっとした外出も大丈夫。

 

さらにファンデで仕上げるといつもより仕上がりがきれいになるなど評判です。長く使い続けることで根本的な美白に導く成分もちゃんと入ってます。

 

 

王妃の白珠の嘘まとめ

 

1回で白くなるのは嘘というウワサについて公式サイトを見てみると、くちゃで肌に貼り付いてた古い角質や汚れが落ちたことでクスミが取れたのと酸化チタンのコーティング作用のダブルパワーが働くからということがわかりました。

 

 

使い続けることで美白に導いてくれる成分も入ってます。