シミの種類と原因について

シミの種類と原因を知って美白対策

シミの種類はいろいろあるって知ってる?

 

ある日、明るいところで鏡を見て顔にシミを見つけたときは相当ショックを受けますよね。

 

このイヤなシミっていろいろ種類があるので対策は一つではないからみんな悩んでるんです。皮膚の表面が茶色や黒っぽくなったから全てが紫外線のせい・・・・にしてはいけません。

 

もちろんほとんどが紫外線による色素沈着が原因。紫外線を直接浴びることでシミをメラニン色素の分泌が増えてしまいますし、今はまだ表面に出てなくても気が付かない皮膚の奥の方でシミの元は育っているのです。年齢が高くなってターンオーバーが遅くなることで隠れてたシミが、ある日突然表面に現れてビックリするというわけです。

 

さてシミの種類についてお話しておかなければいけません。

 

主なシミには

 

・炎症性色素沈着
・老人性色素班
・脂漏性角化症

 

などがあります。

 

 

割とケアしやすいのが炎症性色素沈着です。

 

 

炎症性色素沈着の原因は、摩擦やニキビなどで炎症が起きたあとにシミになってしまうものです。炎症性色素沈着は美白化粧品やレーザーなどで改善しやすいシミです。

 

老人性色素班は若い時から」継続的に紫外線を浴び続けた30〜40代の人にできやすいものです若い頃から日焼けを繰り返すことが原因なので日焼け止めは必須です。何もケアしないと大きいシミが顔だけでなく手の甲などにも現れます。

 

 

脂漏性角化症は良性の腫瘍で凸凹しています。若い人より中高年の人にできやすいものです。これも老人性色素斑のように長期間、無防備に紫外線を浴び続けたことが原因です。

 

このようにる一口にシミといっても種類や原因は全く違ってきます。

 

種類や原因が違うのに同じケアをするので、シミが消えな…と嘆くような結果に終わることになります。

 

 

 

 

 

シミの対策は紫外線だけじゃない

 

シミをなくすには紫外線をブロックするだけでいい、と思い込んでいませんか?紫外線をブロックすることがシミの予防や改善につながるほど甘くはありません。

 

シミの主な原因は紫外線が多いですが、肌のターンオーバーのことも忘れてはいけません。

 

ターンオーバーというのは皮膚の生まれ変わりの周期のことで、誰でも一定の間隔で皮膚が新陳代謝を繰り返し生まれ変わっているのです。気が付かないうちに紫外線ダメージや肌トラブルがおきてももとに戻るのはターンオーバーのおかげ。

 

 

でも、だんだんとこの新陳代謝がうまくいかなくなり皮膚にたまったメラニンが外へ排出されず沈着するのでシミになります。若いころは紫外線の直接浴びてもシミ葉できなかったですよね。それはターンオーバーによってシミの元、メラニンが外へ排出されてたからです。

 

でも加齢によってターンオーバーはどんどん遅くなりメラニンは排出されず皮膚にたまりシミが目立つことに・・・・

 

加齢だけでなく紫外線によるダメージや皮膚の乾燥によってもターンオーバーが乱れてしまいます。このようにターンオーバーの周期が乱れ遅くなることで皮膚の新陳代謝の働きが低下しシミの原因になるのです。睡眠不足、ストレス、タバコなども普段の生活習慣がターンオーバーの乱れを引き起こす原因をなっていることもあります。

 

ターンオーバーの衰えはシミだけでなくシワ、ニキビ、肌あれなどいろんなトラブルの原因になるので衰えたターンオーバーを正常に戻すことが必須。

 

 

このターンオーバーの正常化に働いてくれるのが王妃の白珠という美白パッククリームです。紫外線ダメージや乾燥で疲れた肌を保湿しながら癒し、たまった古い角質や毛穴の汚れを特別な海泥が吸着し取り除き美白に導きます。

 

⇒王妃の白珠のシミの詳細はこちら

関連ページ

透き通る肌になるスキンケア
美白になる方法で透き通る肌になるには美白化粧品を用いてスキンケアすることです。
洗浄力が強いソープの使用
美白になる方法では洗浄成分の力が強いボディソープを使うことは必要ではありません。
洗顔の基本中の基本
美白になる方法で洗顔の基本中の基本は多めの泡で皮膚を包むように洗顔することで。
色白化粧品でスキンケア
美白になる方法で色白化粧品を使用してスキンケアについて紹介します。